番外編 ウミホタルを見つけに行こう!

❏ ウミホタル

クラゲを取りに、近くの海に行ったけど取れなかった。今度は、予め用意したトラップを持って、ウミホタルの採集を試みたら意外と簡単に捕まえることができた。

❖ ウミホタルの採集

ウミホタルは、5月中旬から10月頃に取れる。下の写真は5月下旬に初めて取りに行った時の写真である。トラップを3つ用意して日が暮れた7時半にトラップを仕掛けた。8時ころに引き上げると、青白い光が自作トラップの中で放たれていた。

ウミホタルのトラップ

ウミホタルのトラップの作り方
☑ 蓋に5mm程度の穴を沢山開ける
☑ 小石を入れて浮かないようにする
☑ 餌の魚肉ソーセージを入れる
☑ ロープは10m程度の長さにする

5月下旬の7時半ころの風景。8時ころにトラップを引き上げると青白く光が幻想的である
左がタツノオトシゴの水槽。右はサンゴの水槽

自宅でタツノオトシゴの水槽にウミホタルを入れたが、直ぐには食べられなかった。ウミホタルは砂に潜っていたので、共存できるかも知れないと思ったが、一ヶ月後には姿がなくなっていた。ウミホタルがタツノオトシゴの餌になったのか、何故か忍びない。

実は、台風21号の影響で2日間停電したため水槽の魚は全滅。カリビアンシーホースも★になってしまった。現在は、新しくゼブラスナウトシーホースのペアを購入して飼育している。よく観察すると、白い生き物が数十匹程動いている。ルーペで見るとウミホタルの子供のようである。明かりをつけると砂に潜って消えていった。

ウミホタルの子供(確信はない)

水を入れ替えた水槽には、ウミホタルの他コペポーダらしき生き物も発生している。これからは、タツノオトシゴとサンゴを中心に飼育し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA